驚異の供給率コットン-VapeHack Cotton Can Edition-

こんにちは!

先日、ClimaxCotton以来のVape用コットンが入荷いたしました!
入荷前にサンプルをいただいてスタッフで試していたのですが、これがまた良いんです!!

VapeHackさんによると
国内綿会社と繊維1つの太さ長さまで打ち合わせを行い、Vape仕様Cottonとして仕上げました。
Cottonは太めの綿と細めの綿の2種類混合で仕上げています。
とのこと。
これはかなりのこだわりようがうかがえますね!

早速ご紹介していきます。

VapeHack Cotton Can Edition

 

基本情報

生産国:日本
サイズ:1500mm×28mm
価格:¥680

見ていきましょう

まずは外観
缶に入っており、持ち運びの際にもコットンが崩れることなく、ユーザーのことをしっかりと考えてくれております。

そして中身

ロール状に入っており、ビルドごとに適量を切るだけなので仕方なく捨てる部分が圧倒的に少なくなります。
切って余った部分は缶に入れておけば次回にもしっかり使うことができます!

使ってみた!

コットンを触るだけでわかるしっかりとした作り
これはメーカーがうたっている「腰折れしづらい」というのもわかります。

今回は適量に切って刺すだけで試してみました。
まだ始めたばかりの人にもロールなどの加工を無しでどれほどの良さを実感できるのか試してみます。

24ゲージで組んだコイルに通してみました。

リキッドを垂らしてみるとあらびっくり、あっという間に浸透していきます!
そして、どれくらい保持できるのかなーと思い垂らし続けてみましたが、思った以上に入っていきます。
これは特にRDA使いの方にはうれしいですね!

耐久力は?

簡易的なテストではありますが、耐久テストを行ってみました。
リキッドを適量垂らして、さきほどのビルドに4Vかけて10秒パフしてみました。

驚きの供給スピード
10秒間しっかりと所謂美味しいミストが出続けました!
しっかりリキッドが淵からコイルのある中央部に向かっていきます。
ほぼ残すことなく移動していくので、しっかりと吸いきることが出来ます!
まあ10秒も吸い続ける方はよっぽどいらっしゃらないと思いますが、安心感はありますよね!

熱量の高いクラプトンでも試しましたが、吸っているときに「ボトボト!」と供給している音が聞こえます。
爆煙志向の方にもぴったり!

吸ってみた

そして、最後に気にされるのが多いのがコットン臭
これも驚き、1パフ目からコットン臭は皆無といっても過言ではないです!
僕は普段、コットン臭はそんなに気にならない人なのですが、このコットンを使うと他のコットン臭がわかるようになります。
このクリアな味が楽しめるのはいいですね!

5日間ガンク多めのリキッドで試してみましたが、コットンは切れることなく、黒くもなってなかったのも耐久力の強さを物語っております。

まとめ

やはり頻繁に交換するコットンでは使い勝手の良さが重要になってくると僕は考えます。
それをさらにコスパ良く使えるのはなおのこと良し。
今まであったコットンへの悩みをほとんど全て1つで解結してくれるのは素晴らしいですね!

関連記事

PAGE TOP