コンパクトなのにバッテリー持ち良し!味、ミスト共に文句無しのスターターキット!

今回ご紹介するスターターキットはアメリカのWAKE MOD COから登場したLITTLEFOOT 60Wです

WAKEは目を惹くデザインで有名なDotModのデザイナーがデザインしたことにより注目を集めたメーカーで
今回のLITTLEFOOTも他のスターターとはひとあじ違う素晴らしいデザインで既に大好評を頂いております。

さて、スペックの方はというと

WAKE TANK
コイル:0.5Ω(DL) 1.5Ω(MTL)
径:24mm
タンク容量:3.5ml
ドリップチップ:独自規格

LITTLEFOOT
ワット数:5−60w
バッテリー:2000mAh(内臓)
モード:VW、TC(Ni,Ti,SS)
TC時温度:200−600℉、100-315℃

特徴
何と言ってもこちらの特徴はこのコンパクトさ!

そしてこのサイズに2000mAhのバッテリーが内臓されており、お店のスタッフが使用したところ
12:00-21:00まで使用することができました!
さらに40wという決して低くないワット数で使用してでのこの持ちですので、文句なしです。

さて、上記のアトマイザーのスペックにも表記したDL、MTLという単語
「最近よく見るけどよくわからない」という方も多いかと思いますので簡単にご説明させていただきます。

DL(Direct lung)
ダイレクトラング、いわゆる直肺吸いで、タバコのように一度口にためてから吸うのではなく、直接肺に送って吸う方法です。
ミストが多めのセッティングや温度が高めのセッティングですと、このDLではなければむせてしまったり、本来の味わいを楽しむことが難しくなります。

MTL(Mouth to lung)
マウストゥーラング、口吸い、タバコ吸いなどと呼ばれ、その呼ばれ方の通りタバコを吸うときの吸い方で、一度口にためてから二度吸いして肺に送ります。
タバコを吸っていた方が初めてVAPEを吸った時にむせてしまうのは、このMTLで吸ってしまっている場合がほとんどです。
もちろんVAPEにもMTLで吸うと美味しいアトマイザーやリキッドも存在します!

こちらのことを踏まえて見てみるとコイルを交換することによって好みの吸い方に合わせることができるのです!
では、抵抗値が違うだけでDL、MTLが使い分けられるのかというとそうではありません。
WAKEのコイルはご覧の通り

中心の穴のサイズが大きく違います。エアフローでの吸い心地の調整も出来ますが、限界はあります。
そこでコイル自体の穴のサイズを変えてよりそれぞれに特化した構造となっているのです!
VAPEらしくブワッと行きたい!VAPEをタバコっぽくしっぽり楽しみたい!どちらもこれ1つで叶えてくれます!

さらにコイルを自分で巻いて作るビルド
実はこのアトマイザーはRTAキットも販売予定でございます。他にアトマイザーを買わなくてもビルドに挑戦することも可能です!
将来性も抜群です!

デザイン良し、操作も楽々、自分好みをより見つけやすい、バッテリー持ちも十分

WAKE LITTLEFOOTは¥9,990(税込)で販売させて頂いております^ ^
テスターもご用意させて頂いておりますので、こちらもお気軽に試しにいらしてください!

 

関連記事

PAGE TOP