クリアロ界の革命児「Nautilus GT MINI」

こんにちは!

長いこと当店ではクリアロといえば使い捨てのOG TANK(前:nunuTank)のみでしたが、
今回クリアロらしいクリアロが新たに仲間入りです!

aspire x Taihun Nautilus GT MINI

いまだヒット商品を出し続けている老舗メーカーaspireと
ドイツの高品質アトマイザーを作っているTaifunというメーカーのコラボ製品です!

Vaperからの信頼が高いNautilusシリーズのコイルを使用し、
同じく信頼の高いTaifun社がさらにかっこよく、美味しく、便利に、
そしてリーズナブルにしたものがこのNautilus GT MINIなんです。

簡単なスペック

・直径:22mm
・高さ:約3.7cm(510コンタクト部分、ドリップチップ除く)
・タンク容量:2.8ml
・ドリップチップ:510
・エアフロ―:1mm/1.2mm/1.5mm/1.8mm/2.5mm
・コイル:0.7Ω/1.6Ω付属

説明書

初めての方用に簡単な説明書代わりの記事を投稿しておきます。
日本語の説明書が入っていないため、是非「ご参考までに。
分かっている方は飛ばしてください!

➀コイルの交換方法
クリアロマイザーには消耗品のコイルというものがございます。
吸ってて焦げた味がしてきたり、喉がイガイガするような感覚がある場合交換タイミングとなります。
おおよそ平均で1週間~2週間で交換ですが、吸い方や使うリキッドにより前後します。

コイルを交換するためにはまず、アトマイザーの下の部分(画像参照)を回して外します。

そうしますとコイルが出てきますので、そちらを回してつけ外しを行います。

コイルが緩んでいるとリキッド漏れにつながる恐れがありますので、ぎゅっとしっかり締めて下さい。

また、リキッドが残っている状態でコイルを交換する場合、
逆さまにして開けないとリキッドが漏れてしまいますのでご注意下さい。

➁リキッドのチャージ方法
アトマイザー上部にギザギザが彫ってある部分が2枚あります。
そちらの上側だけを半周回すとキャップが上にひっぱて抜けます。

そうすると、穴が3つ開いていうのが見えます。
左右の楕円形の穴がチャージホールなので、そちらからリキッドを8割~9割程度までチャージしてください。
⚠真ん中の穴は空気の通り道です。そちらにリキッドを入れてしまうとリキッド漏れを起こします。

コイルが新品の状態でリキッドをチャージした場合は、10分間吸わないようにしてください!
乾燥したコイルの中のコットンを加熱してしまうと、本来とは違う経緯で寿命が来てしまいます。

リキッドのチャージタイミングは、中のリキッドが1割程度になってからがおススメです。
からっからになるまでチャージしないと、コイルの中のコットンが乾いて空焚きし、焦げてしまう恐れがございます。
逆にたくさんリキッドが入っている状態でチャージすると、圧がかかり、エアフロ―から漏れてしまう可能性がございます。

➂エアフロ―の調整
アトマイザー下部にギザギザの中に〇が1つ開いている部分があります。
そこをカチカチと回していくと、開いている穴のサイズが変わります。
そこの穴の大きさはスペック部分に書いてある通り。
大きさで吸い心地が変わりますので、お好みの大きさに調整して吸ってください!

特徴

なんと言っても美味しさの要因はチムニーとコイルが大胆に直結していること!
コイルの中にトップキャップについているウルテムの出っ張りが装着されます。
これにより濃密なフレーバーを味わうことが出来るのだと思います。

さらにクリアロとは思えないTaiFun感満載のクールなデザイン!
しかし、金属部分が多いので少々重さがあります。
しかし、いろんなMODと合わせてもカッコいいのはたまらないですね!!

また、純正では0.7Ωのメッシュコイルと1.6Ωのコイルが付属しておりますが、おススメは断然0.7Ω!
当店では予備のコイルを0.7Ωのものしか扱ってないほど自信があります!w

おわりに

入荷してからの売れ行きは、初心者の方と、既にビルドをしている方までの半々!
どんなユーザーにも刺さること間違いなし!

普段ドリッパーしか使わない今回の筆者の僕、京介も運転中やゲーム用にと思って買ってしまいました(笑)

オンラインストアでも販売しております!
タンク↓
Nautilus GT MINI

交換用コイル↓
Nautilus GT MINI コイル

関連記事

PAGE TOP